So-net無料ブログ作成
PM2.5防ぐマスク ブログトップ

中国 大気汚染対策!99・99%阻止マスクはこれだ! [PM2.5防ぐマスク]

中国から飛来してくるという、大気汚染物質の対策として
マスクが有効です。
そのマスクで99・99%阻止できると言う物、に注文が殺到してるそうです。
そのマスクが、「PM2・5フィルターマスク」と言う商品です。

メッシュ製造加工業者の「株式会社くればぁ」が生産しています。
この会社、金属のメッシュからエアコンのメッシュまで幅広く
製造しています。

0.9999.png

このPM2.5対策マスクは、再利用可能なものもあるそうです。
再生可能なタイプの使ったあとのメンテナンスは、中性洗剤を入れた
40℃以上のお湯に30分以上もみ洗いして、室内で干せばOKとのこと。

洗濯機を使う場合は、洗濯ネットに入れて洗えばいいそうです。

個人的には、ここまで専門的なものが必要ないと思います。
通常市販されているタイプで十分でしょう。

ただなかには、「心配だから一応念のため!」と言う人も多いのでしょう。
だから、殺到してるのだと思いますし・・・。
みなさんはどう思いますか!?

※通常のマスクより高価な為あおってると思われたくないので、
リンクは載せてません。気になる方は、会社名で検索してください。

中国 大気汚染 防塵マスク [PM2.5防ぐマスク]

中国も大気汚染が深刻ですが、日本への影響がまだわかっていない以上、
各自治体も対応に苦慮しているようです。
そんな状態なかで、極小な汚染物質に有効な防塵マスクの需要が
急増しています。

3m ds1.png

特に、高機能の防塵マスク 3M Vフレックス 使い捨てタイプの
DS1、DS2、DS3、DL2、DL3 を指名買いする方が多いみたいですね。
どのタイプがいいか迷っている方は参考にしてください。

呼吸しやすく、経済性に優れた、防じんマスク!3M 使い捨て式防じんマスク Vフレックスはこちら
タグ:3M DS3 ds1 ds2

3M マスク n95 9210 [PM2.5防ぐマスク]

スクリーンショット 2013-02-12 18.19.35.png
↑3M マスク n95 9210はリーズナブルですね〜

大気汚染物質を防ぐ方法はマスクをつける事が一番簡単確実ということから、
高性能マスクの注文が殺到しているそうですよ。

愛知県製造業者は、例年数百枚程度が、今年はわずか1か月足らずで約20
万枚の発注になったとのことです。

自治体による注意報や警報の発令以外主な対策法がないなか、
高性能マスクに人気が集中しているためですね。

「PM2・5フィルターマスク」というのがあって、
全国各地どころか現地中国の日系企業などからも注文
がくるそうです。

これは、エアコンの吹き出し口などに取り付けるメッシュ生地を縫
いつけた精密機能マスクで、PM2・5を99・99%防ぐことが
できるそうです。
マスクは既製品(4998円)とオーダーメードの2種類で、
オーダーメードは鼻の高さなど顔のサイズに合わせて作られるため、
値段は初回7980円(2回目以降は4998円)もするそうですよ。
市販のマスクに比べてかなり割高ですね〜。

ただ100回くらいは洗えて再利用もできるそうで、使い捨てでは
ないみたいですね。

注文から既製品で1週間、オーダーメードだと2週間程度はかかるそうです。

市販で手に入る「N95マスク」などの医療用の高機能マスクも人気で、
飛散量が大い福岡市のお店ではすでに売り切れで。入荷のめども立っていない
そうですよ。

ネットショップで、3M マスク n95 9210のタイプを購入するのが
お得かもしれませんね。
送料無料のショップを選ぶのもポイントですね。

n95マスクはこちら

マスク争奪戦は、すでに始まっているんですね〜(驚)
タグ:マスク N95 3M 9210

中国大気汚染マスクN95 対策マスクの楽天商品は!? [PM2.5防ぐマスク]

大気汚染物質対策用のマスクは、N95規格のものです。

楽天ショップには数多くありますが、
すでにかなりのものが、3月中旬の入荷になっています。
いつ大量飛来しても大丈夫なように、早めにストックして
おくのが賢明です。
これが、使い捨て格安でお得です。

n95マスク1.png

大気汚染対策用のN95マスクはこちら

大気汚染物質が西日本を直撃!防ぐことができるマスクとは!? [PM2.5防ぐマスク]

中国のスモッグ.png

西日本の大気汚染の元凶PM2.5を、吸い込まないようにするには、
マスクをつける必要があります!

ただし、普通の風邪用のマスクや花粉症のマスクでは対応できません。
PM2.5はものすごく小さい微粒子ですからね。
小さい微粒子を通さない、特殊なマスクが必要です。

選ぶ時の注意ですが、N95規格のものを選びましょう。

N95規格とは、米国NIOSH(National Institute of Occupational Safety and Health、米国労働安全衛生研究所)が定めた基準で、0.075μmのNaClの試験粒子の捕集効率試験をした時に95%以上の捕集効率を保証されたものです。

急に欲しいからといってすぐに手に入らない場合もありますので、
事前に準備が必要です。
すでに、一部の物は再入荷が3月中旬ごろらしいですよ。

PM2.5を除去できるマスク一覧はこちら
nice!(0)  トラックバック(0) 
PM2.5防ぐマスク ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。