So-net無料ブログ作成
PM2.5の驚異 ブログトップ

大黄砂発生の瞬間!これが日本にやってくる!! [PM2.5の驚異]

この黄砂発生の瞬間の映像!!!!!
まるで映画のようですね〜。
こりゃやばいわーーっ。
こんな感じで舞い上がった黄砂が、日本まで到達するんですね〜!!
注意しないとマジやばいですよ〜!!


中国での大気汚染の死者は!? [PM2.5の驚異]

日本にも多大な影響を与えている中国の大気汚染問題ですが、
現地中国各地の状況が気になるところですよね。
インターネットのニュースなどによると、
「北京大学と環境保護団体グリーンピースの調査で、北京、上海、広州、
西安の4都市では昨年、PM2・5が原因で約8600人が死亡している。」
そうです。
大変な事態です。

大気汚染.png

ここ数年で「PM2・5」の濃度が国際基準の3倍近くまで上昇しており、
6段階ある中国国内の基準でも最悪のレベルだそうです。

今月11日ごろも大気汚染が悪化し、“警報”を出す事態になっていて、
場所によっては200メートル先もかすむほどの状況らしいです。

「各地の病院で呼吸器の不調を訴える患者が急増しており、北京では
ぜんそくの持病を持つ60代の女性が外出後、発作を起こし急死した。」
とても深刻ですね。

「中国政府は環境保護を重視しており、積極的にさらなる大気汚染防止策を
展開していく」
とのことですが、すぐに効果がでる対策もなさそうですね。

日系企業も多く、働いている日本人とその家族の健康被害も心配に
なります。

詳しくは、産経ニュース参照

中国の大気汚染物質が西日本にやってくる! [PM2.5の驚異]

中国大気汚染1.jpg

北京オリンピック開催時に、問題になった大気汚染。
選手たちの健康管理が注目され、出場を取りやめた選手もいたのも
記憶に新しいですよね。
その後中国政府は適切な対応を取らず、放置された結果中国本土のみならず、
日本にもその影響を受けています。
特に、今年の春は偏西風の影響で中国本土から飛来する、おびただしい量の
黄砂にまじって超微粒の公害物質がやってきます。(写真を参照)

その超微粒の物質のことを、PM2.5と呼んでいます。

すでに、中国の首都北京では呼吸器系の疾患を抱える人が増大しています。
大量飛来になれば、もはや対岸の火事ではすまされません。

特に注意が必要なのは、中国に近い西日本エリアです。
毎年外に洗濯物を干すと黄砂で汚れてしまうような所は、
飛散量が多いはずですから注意が必要ですね。
ちなみに、私が今住んでいる所も北陸地方で毎年黄砂がすごいです。

日本政府は、「直ちに健康被害を受ける物ではない。」とコメントして
いますが、福島原発事故の対応を見ても信じられません。
政府の対応が遅れている以上、自己防衛が必要ですね。


PM2.5の驚異 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。