So-net無料ブログ作成

北京周辺のPM2.5が基準の3倍超が判明 [中国の状況]

中国の北京周辺のPM2.5の数値が、基準の3倍超であることが
明らかになりました。

中国環境保護省の発表では、中国北京周辺地域において呼吸器障害
を引き起こすとされる「PM2.5」の平均濃度が、今年上半期で115
マイクログラムと発表されました。

これは、中国の環境基準値が35マイクログラムであること
から、なんと3倍超であるだけでなく世界保健機関(WHO)
の基準の11倍以上という途方もない数値です。

中国の大気汚染.png

中国全体の主要な74都市でも、平均が基準値の2倍を超える
76マイクログラムであることから、未だに大気汚染が深刻な
事態であることがわかりました。

全人口の半数近い6億人に影響が出たということです。

これからの、中国の大気汚染問題の動向にも注意が必要ですね〜

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。