So-net無料ブログ作成

大気エアロゾル 予測 関東 [PM2.5って何!?]

スポンサーリンク




大気エアロゾル粒子(たいきエアロゾルりゅうし)と言う言葉をよく聞きます。
大気エアロゾルとは、大気中に浮遊微粒子の総称をいいます。
つまり、大気中の粒子をすべて含めたものの呼び方ですね。
(なので、黄砂なども含まれます。PM2.5はご存知の通り極小のものだけを
呼ぶ呼び方です。)

なので、中国の大気汚染物質の飛来量や範囲は、
大気エアロゾルを監視すればいいと言う事になります。

これらを監視できるのが、国立環境研究所の
大気汚染予測システム通称VENUS 環境GIS - 国立環境研究所
で確認する事ができます。

ちなみに、コレが2月16日の関東地方のエアロゾルの濃度です。
関東2月16日エアロゾル.png

そして、こちらがダイオキシンです。
関東2月16日オキシダント.png

現時点では、警戒しなくても大丈夫そうですね。

風向きを設定して、確認することもできますから、
長時間外出される場合は、このページを見てみるといいですね。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。